通信制高校の通学方式

通信制高校は全日制や定時制に比べて圧倒的に通学機会は少なくなっていますが、年間決められているスクーリング日数があります。
これに関しては、必ず熟すべきものとなります。


<スクーリングとは>

通信制高校でも、通学しなければならない「スクーリング」が、年間に25日ほど規定されています。
これは学校で授業や面談による指導を受ける日ということになりますので、全日制や定時制の通学とは意味合いが若干違います。
集団生活を行うことが意義ではなく、指導者との接点を持つことで解決されることもあるという利点があります。
このスクーリングの実施に方法も、学校ごとにかなり特色があります。


<スクーリングの実施方法>

年に数日間泊り込みの合宿があり、これをスクーリング日数に換算する方法。
季節などでまとめてスクーリングを行う方法。
土日を使って受講を実施する方法。
このように様々ありますが、スクーリングは最低日数が決まっているだけで、それ以上を実施してはいけないというものではありません。
よって私立の通信制高校などは、できる限りサポートするという意味合いから、かなりの日数を設けているものもあります。
生徒の向き不向きはありますが、このスクーリング時の指導によって救われる生徒も多いものです。

Posted in 通信制高校

通信制高校の課題の進め方について教えて

通信制高校は課題やレポートを出されて、それを自宅でこなしてスクーリングで提出をします。
つまり自宅学習ですし独力で進めなければいけませんから、人によっては挫折してしまったりすると思います。
でも、本屋で参考書を購入して解いてみたり、サポート校へ通いながら課題を進めている人もいます。
どちらの進め方でもいいとは思うのですが、やっぱりサポート校へ通うのが一番かもしれませんね。


通信制高校は自己管理が重要

通信制高校に通うには、自己管理が出来るのかどうかが重要になってきます。
自宅で学習をするので、しっかり自分を管理することが出来ないと毎日をただ、だらだらと過ごすだけになってしまいますから気を付けるように。
自己管理が出来ない人は通信制高校に向いていないと言われていますから、まずは自己管理能力を身につけるのがいいです。
学習以外に時間がたくさんありますから、どれだけ有効に使う事が出来るのか人によって変わってきます。


色々な人と交流できます

通信制高校には、自分と同じ年齢の人やもっと年上の人などもいますから色々な人と交流を深めることが出来ます。
受け身ではなくて、積極的に自分から話しかけてみるのもいいと思いますので、ぜひ行動を!
人生の先輩もいますから、何か相談事を持ち掛けてアドバイスをもらったりするのもいいですね。
せっかくですから、多くの人と交流を深めてみましょう。

Posted in 通信制高校

通信制高校の制服はどうなっている?

通信制高校では私服通学が多く、校則も全日制高校と比較すると非常に優しいものが多いそうです。生徒個人の自主性を尊重するという教育方針の高校が多く、ピアスや染髪なども、よほど悪目立ちするものでなければ、うるさくは言われないそうです。


通信制高校の制服事情

しかし、高校生しか着ることができないということもあり、制服を着る高校生も多いそうです。通信制高校でも制服を販売する学校も増えてきていると言われています。ニュースなどでも話題になったのは、109系のブランド、セシルマクビーが通信制高校のファッション科の生徒とコラボレーションで作った制服です。色なども選ぶことができ、組み合わせも自由なのだそうです。高校生までしか制服は着る機会もないと思いますから、思い切り楽しみましょう。


自分で制服を選ぶ生徒もいる

制服に利用できるジャケットやネクタイ、スカートなどを専門に扱うお店や、制服として着用できるようなデザインのものを販売するメゾンも増えています。ティーン世代に人気の高いナルミヤ系列でもスクールバックなどを扱っていますから、それらを組み合わせて高校へ通う生徒もいるそうです。通信制高校によって制服の有無も違いますので入学前に確認してみましょう。

Posted in 通信制高校

通信制高校に通いながら青春もしたい!

通信制高校に通っている方の中には青春をしたい!と強く思っている方もいるそうです。
全日制ですと学校の帰りにどこかへ寄って帰ったりして楽しんだり、休日に一緒に遊んだりと楽しそうに毎日を過ごしていて、まさに青春だと思います。
そういったことが通信制高校では出来ないものなのでしょうか?
そんなことはありません、通信制高校にはスクーリングがありますし、行事もあったりしますのでそこで交流があるのではないかと思います。
青春というのは人によって感じ方が様々ですが、学生の時に楽しかった記憶というものが青春そのものなのではないのかと思います。
毎日楽しく過ごすのも大事ですが、あまりそういったことにはとらわれずに、自分なりに楽しみながら過ごすのが良いのではないでしょうか。


通信制高校に通いながらサポート校も選択肢に入れてみては?

通信制高校は基本的に独力なので、教科書や参考書を見ながら課題をこなしていくことになりますが、それでもやはり限界はあると思います。
そこで視野に入れていただきたいのが、サポート校と言われる学校です。
ご存知の方もいるかとは思いますが、こういった場所へ通えばさらに多くの方との交流が期待できるのではないかと思います。
知り合って一緒に勉強をしてみたり、時には一緒に出掛けてみたり、楽しみ方はまちまちだと思いますがどうでしょう?

Posted in 通信制高校

無理をしないのが通信制高校

不登校で高校を中退してしまったという人は沢山いるでしょう。不登校になる理由は様々だと思います。その理由の中で、コミュニケーションがうまく取れず中退してしまったという人に、通信制高校はとてもお勧めです。どのようなところがオススメなのかをお話ししましょう。


マイペースに通える通信制高校

基本的には、通信制高校は自宅で自己学習になります。学校に通うのは、学校によって異なりますが、月に数回程度です。なぜこれが不登校だった生徒にとって良いのでしょうか。それは自分のペースを保てるという事です。コミュニケーションをうまく取れるようになるには、自分の中での整理が必要です。無理に毎日人と会うことが逆にプレッシャーに変わることもあるのです。ですから、通信制高校のように、月に数回しかないスクーリングであれば、心の準備がきちんとでき、いつも以上にコミュニケーションをうまくできるのです。無理をしない。それが一番大切なことでしょう。


たまにしか会わないからこそ話したくなる

また、たまにしか会わないから、沢山話したくなるということはあると思いませんか?毎日会うよりも、久しぶりに会うのはとても嬉しいものです。そのような気持ちが、コミュニケーション能力をはぐくむには大切なのです。

Posted in 通信制高校

通信制高校で社会に慣れていこう

学年制を利用し、一年間を通してカリキュラムをこなしていくのが全日制高校です。このスタイルが非常に高校では一般的ですが、前期・後期制を利用し、卒業までの3年、あるいは4年間で必要な単位をすべて自分で習得していく単位制を利用した通信制高校ナビが注目を浴びています。


留年などの概念がない自由な高校生活

単位制は1学年ごとに取得した単位を積み重ねていきます。3年生で足りない単位があれば、そのまま足りない単位だけを取るために在籍をすればいいのです。留年という学年制特有のものはありません。通信制高校へ通う最大のメリットと言われている点は、授業などを含め、すべてを自分で決めることができるという点です。もちろん、卒業までに必ず取らなくてはいけない必修単位などは存在しますが、時間割をどのように作るのかなどは自分のペースで決めることができます。


不登校児童などの受け入れも積極的

通信制高校が大きく注目されている理由に、不登校児童などの受け入れを積極的に行っているという点があります。全日制高校に馴染めなかったなどの理由から、引きこもりや学校が怖くなってしまった児童は少なくありません。このような生徒も、自分で出席を決め、授業を決めていくことになります。自分でまだ通えないと思うのならば、授業の数を減らすなどもできるのです。卒業期間を3年間と決め込まず、このように少し遠回りをする生徒も多くいます。そのような生徒の受け入れを行うため、中にはカウンセラーを常駐させる通信制高校もあるそうです。

Posted in 通信制高校

通信制高校は自分に合わせた登校日を

通信制高校というと、全日制の普通科高校と比べて卒業しにくいのではないかと思われがちです。しかし私立の通信制学校は卒業率が高いところも多く、しっかりしたサポートが受けられます。なりたいものに向かっていけるカリキュラムなどが充実しているところもあります。将来の夢ややりたいことを見つけられます。


合宿形式で楽しく登校日

通信制高校とは言え、全く通学しないということは残念ながらできません。登校日というものが年間に定められた日数だけ有ります。学校へ登校するということ自体に苦手意識のある人は、合宿形式の登校日の学校を選ぶと良いでしょう。学校へ通うという意識をあまり持たずに、登校日を消化することができます。観光地などで体験学習を通じて得られる経験は、全日制高校とは違った青春であるはずです。


通信制高校でも通学ライフ

勿論普通の高校のように毎日通いたいという方は、たくさん学校へ通うことの出来る学校を選ぶと良いでしょう。多いところでは週に5日と、通信制高校とは言え全日制高校と変わりありません。つまり毎日学校へ行き、お友達と会って、週末はお休みです。月曜日が待ち遠しいような来ないで欲しいような……という、平日と週末のメリハリのある学生ならではの暮らしが送れます。それこそが高校生活の醍醐味だという見方もあるかもしれません。

Posted in 通信制高校

通信制高校で自分と向き合う

通信制高校にはしばしば何らかの人間関係が原因で全日制の高校に通えなくなってしまった方が入学を希望される事があります。そういった方の為、通信制高校ではただ勉強を教えるだけでなく、生徒一人一人と先生の距離が近い親密な授業に力を入れている他、カウンセリングの資格を持つ先生も多く在籍しており彼らの力になってくれます。


通信制高校で意欲喚起

例えばある学校では、本格的な勉強や進路に向けた活動を始める前に、まずは意識や意欲の改善からはいる所も存在します。人や授業に対する苦手意識は基本的には後天的なものという脳科学に基づき、時間をかけて少しずつこれらを克服していきます。そして自分に対する自信や信用を取り戻す事を何よりも重要としています。自分に自信が無い、でもそんな自分を変えたいと強く願う人のサポートに通信制高校は全力で取り組みます。


親身になって相談を聞いてくれる

また通信制高校ではスクーリングの頻度や先生を自分で選ぶ事ができる学校も多く存在します。その為悩みや不安がある方は自分で進んで希望して先生に会いに行く事も可能です。通信制の先生はただ勉強を教えてくれるだけでなく、日常の悩みや進路の不安なども親身になって聞いてくれる為、きっとあなたのよい相談相手となる事でしょう。

Posted in 通信制高校

通信制高校で進学を目指そう

通信制高校に行ったからといって、進学が出来ないという訳ではありません。むしろ、学校によっては受験対策に力を入れているので、時間を有利に使って進学に向かっていける環境があります。


通信制高校で大学進学を目指す

通信制高校に通う生徒の多くは、大学への進学ではなく高校の卒業資格を得ることを目標としています。しかし、最近では大学への進学率が高まっている傾向もあり、受験対策をしっかり行っている学校もあります。そういう学校では、面接の指導を1対1で行ってくれたり受験勉強のサポートに力をいれてみてくれたりします。また、指定校推薦の枠が多くある学校もあるので、今では、進学に強いということを売りにしている学校もあるので、大学進学を目指している人は調べてみましょう。


専門学校と提携している学校

学校によっては、専門学校と提携して高校の勉強をしながら専門的な学習を進めていける授業があります。そういった通信制高校では、卒業後に専門学校への進学を優遇してくれる措置があったりしますので、将来なりたいものや目標が決まっている人は積極的にそういう専門学校をチェックしてみましょう。卒業時のスタートを他の人よりリードして始められるので、自信を持って目標に近づくことが出来ます。

Posted in 通信制高校

通信制高校で忘れられない思い出作り

通信制高校のスクーリングの中には合宿方式を採用している所もあり、三大瀑布や屋久島といった大自然で有名や観光地を合宿先とする学校も中にはあるようです。


大自然の中での体験学習

スクーリングや登校日とはいえ、合宿タイプのスクーリングでは座学に長い時間を費やす事は殆どありません。例えばハイキングや天体観測などをはじめとし、自然体験やそば打ち体験などの体験学習がメインとなります。実際に体を動かし、周りの人と協力して何かを達成する事により、団体での問題解決力やコミュニケーション能力の向上が見込まれます。ただ中々普通に生活していたのでは体験する事のできない貴重な体験や絶景があなたを待っている為、あなたの心にもきっと深く残る思い出になる事でしょう。


通信制高校にも学校行事はある

また何も通信制高校はスクーリングだけが特別なわけではありません。学校によってはちゃんと文化祭や体育祭といった学校行事が行われ、生徒同士で協力して取り組む事になります。むしろ通常の全日制よりも自由度が高く、音楽やイラスト、スポーツや美容の専門コースが設置されている学校では学生一人一人の技術も高い為、通信制の学校行事はとても華やかなものになります。その為通信制高校での思い出はなかなか一般の方では体験し難い素敵な、生涯の宝となり得ます。

Posted in 通信制高校

通信制高校時代で何をする?

通信制高校は全日制高校に比べて自由に過ごせる時間が長いことが特徴ですが、その時間で何をするかは考えたことありますか?

解放感は一瞬だけ
例えば今まで小学校や中学校で息苦しい思いをされてきた方は、とにかくその息苦しさや辛さから解放されたい一心で通信制高校を選ぶケースが少なくありませんが、その解放感はほんの一瞬で消えてしまいます。消えた後に残るのは、あまりに長い「自由時間」です。何の目的もなく過ごす自由時間ほど辛いものはないです。

通信制高校時代で君は何をする?
反対に言えば、何かをやるにあたってこれ以上ないほどのチャンスです。何でも良いのです。図書館に毎日通って1冊本を読破するなんてものでもOKです。これを3年間やった結果、卒業するころには「本を1000冊読んだ」と言えるようになっています。100冊なら大勢いますが1000冊はなかなかいないです。都内に走っている電車の全部の駅を降りてみて、毎日違う町を散歩してみるというのでもいいでしょう。漫画家になりたいという人には、出来など二の次で、とにかく30~40Pのお話を完成させてみるというのも良いでしょう。それを1か月に1本のペースでコンスタントに繰り返せるようになったら「プロになる素質」の1つが完成します。
そして出来ることならこのような「ちょっとした毎日の目標」に効果がありそうなコースや進路を目指せる通信制高校を見つけられたらベストですよね。

Posted in 通信制高校